見てみぬふりをした結果が・・・   

ブルースクリーンを定期的に見ているせいで、慣れてきてしまい危ない感じがしました。
起きるときはネット巡回中だったり、マビ中だったりとさまざま。
bluescreenviewで見ると、あるファイルを読み込んでる時に起きているようでした。
地デジボードのDT-H50/PCIを入れてからおかしくなった感があったので、取り外してみることに。
それで1週間くらい問題なかったのですが、昨日の朝ウイルススキャン中に青い画面が・・・

えぇ薄々何が原因かはわかっていたんですけどね。手間を考えると認めたくなくて、つい。
付属のPC-Doctorやその他の監視ソフトでも問題が出てたHDDのトラブルです。
a0053558_18285666.jpg
久しぶりにCrystalDiskInfoで見たら、健康状態が“注意”になってるし、他のも同じような注意が。
気休めだとしても、ほとんどのソフトに言われるってことは危ないんだろうなぁと。
こういうのは直感的に、危ない!と感じた時に行動しないと後悔しそうです。
というわけで、秋葉原に行こうかとおもいつつも近所の電気屋に新しいHDDを買いにいきました。
a0053558_17261280.jpg
これまで500GBで十分だったので、500GBを探してたら安いのはサムスン製しか在庫がない。
今ついてるのがサムスン製だったので、流石に同じのはなぁと。
調べるとHDDメーカーも何種もありますが、国産だから安心ってわけじゃないけど日立に決めた。
その代わり500GBは取り寄せなので、1TBになりました。

新しいHDDにOSを入れなおすのもメンドウだったので、OSごと引越しできるソフトを使うことに!
「EASEUS Disk Copy」ってフリーソフトだけど、わかりやすくていいです。
本来ならばこのソフトを使って4時間くらいで終わるはずだったのに、まさか一日がかりになるとは。
a0053558_17414991.jpg
HDDを増設と同じように繋げて、CDに焼いたソフトをブートメニューで読み込むだけ。
とくにフォーマットもせず、コピー元とコピー先のHDDを選択してあげるだけです。
そしてコピーが始まり転送スピードも早く3時間半くらいで終わるようなことが書いてありました。
ところが93GBぐらいまでコピーが終わった時に・・・

カツーン  カツーン  カツーン

とHDDから嫌な音が。見事にエラーを出して進まなくなりましたorz
不良セクタが多いってずっと警告出たのでこうなるのが当然といえば当然なんですけどね。
以前からXPのチェックディスクで修復はしてたんですが、効果は出ませんでした。
EASEUS Disk CopyはHDDのすべてをコピーするので、不良セクタあると駄目みたい。
エラーが出た部分を飛ばせるみたいだけど、エラーが10を超えた時点で断念しました。

長いのでつづく・・・
[PR]

by gonza-gonza | 2010-01-30 17:55 | ゲーム・PC

<< 結果よければ全て良し まだ、まだ戦える >>